広島・長崎被爆71周年 [fr]

 ポール=ベルトラン・バレッツ臨時代理大使は8月6日と9日、広島市と長崎市で行われた平和式典にフランスを代表して出席しました。我々は広島・長崎被爆71周年を迎えた今も、この悲劇の犠牲者を忘れてはいません。

 フランスは核兵器不拡散条約の目標に従って、核軍縮と不拡散の分野で前進しながら、より安全な国際環境を重視する立場をあらためて表明します。

PNG

最終更新日 10/08/2016

このページのトップへ戻る