ダナ駐日大使がニースの事件を受けてメッセージを発表 [fr]

 ティエリー・ダナ駐日フランス大使は7月15日、ニースで発生した事件を受けてメッセージを発表しました。

 国民が一体となって自由を祝うフランス革命記念日の当日に、再び残虐行為がフランスを襲い、数十人の死者と重体者を含む多数の負傷者を出しました。

 在日フランス人コミュニティーは、犠牲者のご家族と近親の方々に対し、深い悲しみと同情の意を表します。このコミュニティーの多くの人や日本の多くの友人が、この美しいニースと親密なつながりがあることを私は知っています。歓喜と祭典を象徴するこの都市が今日、喪と悲嘆の舞台となっています。

 フランス共和国大統領とフランスの全当局が、被害者を救済すると同時に、とりわけニース周辺をはじめとするフランス全土で安全対策を一層強化するよう全力を注いでいます。

 フランス大使館および関係機関は、安全確保に必要なすべての措置を講じるため、日本当局と常に連絡を取り合っています。我々は日本当局のご協力に感謝の意を表します。

 最新の情報については、当館のホームページやソーシャルメディアを定期的にご覧くださるようお願い申し上げます。

最終更新日 25/07/2016

このページのトップへ戻る