北朝鮮の潜水艦弾道ミサイル発射実験に関する声明 [fr]

 フランス外務・国際開発省報道官は7月9日、北朝鮮による潜水艦弾道ミサイル発射実験に関する声明を発表しました。

 北朝鮮による潜水艦弾道ミサイル発射実験を伝える情報を確認しています。

 情報が確認されれば、弾道ミサイルに関連するすべての活動を禁止する国連安全保障理事会決議への北朝鮮による新たな違反となります。フランスは地域の安定および国際の平和と安全に対する脅威である北朝鮮の核・弾道ミサイル計画の完全、不可逆的かつ検証可能な形による放棄を呼びかけます。

 フランスは特に決議2270号をはじめとする安保理諸決議の完全履行の必要性を強調するとともに、2016年1月の核実験と同年2月のミサイル発射に対応してヨーロッパ連合が独自制裁を科したことを改めて明らかにします。フランスはパートナー諸国および国際社会とともに、不安定化を招く度重なる北朝鮮の行動に対して適切な対応をもたらすよう努力します。

最終更新日 12/07/2016

このページのトップへ戻る