バグダッドで発生したテロに関する声明 [fr]

 フランス大統領府とジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は7月3日、イラクの首都バグダッドで発生したテロを非難する声明を発表しました。

フランス大統領府声明(2016年7月3日)

 昨夜、バグダッドで発生したテロ2件は、ラマダン期間中の繁華街を標的にして80人以上を殺害した卑劣極まる犯罪です。

 フランス共和国大統領は、至る所でテロと戦う極めて強い決意をあらためて表明するとともに、イラクの当局および国民に哀悼の意を表明します。

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣(2016年7月3日)

 7月3日にバグダッドで発生し、ラマダン月の最中に数多くの犠牲者を出したテロを最も断固とした形で非難します。犠牲者のご家族に哀悼の意を表するとともに、イラクの当局および国民にあらためて支援を表明します。

 フランスはダーイシュ(イスラム国)との戦いでイラクと全面的に連帯しています。

最終更新日 04/07/2016

このページのトップへ戻る