フランスの優先輸出部門「よりよい健康医療」 [fr]

 健康医療産業における貿易黒字の改善は、より構造化された国際競争において戦略的に進められています。国の支援は大きな助けとなります。というのも規制上・法律上の課題が、とりわけ工場進出にとって厳しいからです。

健康医療産業におけるフランスの地位

 優れた教育手段(研究者、エンジニア、医療従事者など)、SAMU(緊急医療救助サービス)やカルト・ヴィタル(健康保険証)に見られる質の高い健康医療システム、イノベーション分野におけるフランス企業のリーダー的地位が、この成功の要因として挙げられます。フランスはインプラント(義肢)や補助具をはじめ、低侵襲外科手術システム、臨床検査、画像診断、心臓学の分野で優れたノウハウを有します。

数字で見る健康医療産業

JPEG - 176.7 kb
歴史的に輸出に強い産業分野
 
全製薬会社の売上高に占める輸出額の割合は62%
 
フランスは医薬品輸出で世界5位
 
フランスの財輸出全体に占める割合は11%
JPEG - 146.3 kb
世界市場におけるフランスの地位を確立する活発なエコシステム
 
フランスの医薬品輸出は前年比10.9%増
 
医薬品分野の貿易黒字は31億ユーロ
 
2015年の世界で最も革新的な研究機関トップ25で
フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)が1位、
ほかに3つのフランスの研究機関がランクイン
JPEG - 143.9 kb
フランスの優れた健康医療のオファーを海外で連携
 
健康医療の組織横断的オファー(医療機関、医療製品・機器関連の企業や専門家など)
 
8つのクラブ・サンテを通して各地域の健康医療関係者と対話(上海、モスクワ、
サンパウロ、アルジェ、ミラノ、イスタンブール、ソウル、メキシコ)
 
2016年に新たに2つのクラブ・サンテを設置予定(チュニジア、サウジアラビア)
JPEG - 55 kb
主な輸出先国
 
ドイツ-56億ユーロ
 
ベルギー-46億ユーロ
 
アメリカ-35億ユーロ

JPEG

最終更新日 16/06/2016

このページのトップへ戻る