ジャン=エマニュエル・ソーヴェ氏が輸出優先部門「フランス流観光」統括責任者に就任 [fr]

 クルーズ会社「ポナン」の共同創業者で社長のジャン=エマニュエル・ソーヴェ氏が6月14日、マティアス・フェクル貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣によって、優先輸出部門「フランス流観光」の統括責任者に任命されました。

 ジャン=エマニュエル・ソーヴェ氏の経歴は、だれもが認めています。同氏の目標は、とりわけ観光産業の発展に強い意欲を示す国において、フランスの観光関連企業の認知度を高めることです。

 ソーヴェ氏はホテル、運輸、サービス各業界の300社を超える中小企業・中堅企業によって、東南アジア、中東、ラテンアメリカで始められた取り組みを継続します。約40社の企業が定期的に閣僚の外国訪問に同行し、最初の前向きな成果(協力の開始、契約の締結など)をあげました。

関連リンク

最終更新日 17/06/2016

このページのトップへ戻る