サッカー欧州選手権「ユーロ2016」がフランスで開催! [fr]

 UEFAユーロ2016本大会が6月10日から7月10日まで、フランスで開催されます。大会期間中、世界中から150万人以上が観戦に訪れます。

JPEG

 ユーロ2016本大会には24チームが出場します。全51試合が全国10都市で行われます。

 熱気あふれる10開催都市は、試合会場のほかにも、にぎやかな通りやコンサート、パブリックビューイング、ファンゾーンの楽しいイベントなど、見どころが盛りたくさん。お祭り気分に沸くフランス各地の都市にぜひお越しください。

 この特別なイベントの詳細はUEFAユーロ2016ホームページをご覧ください。

 フランス滞在に関する役立つ情報はフランス観光開発機構ホームページをご覧ください。

警備態勢を強化

 フランスはユーロ2016の期間中(6月10日-7月10日)、警察官、憲兵、民間警備員など9万人以上の態勢で警備に当たります。

 警察官・憲兵7万7,000人、民間警備員1万3,000人、サンティネル(見張り)作戦の兵士1万人の一部、救急関連団体のボランティア1,000人が、治安の確保とテロのリスクへの対処のために動員されます。「治安を確保するため」にスタジアムの場外に配置される警察官・憲兵は、試合会場内へも出動することができます。

 「我々が普通に生活すること、スポーツの価値観である友愛と分かち合いという価値観をたたえ続けることは、とりわけテロリストをはじめ、だれにも妨げることはできません」とベルナール・カズヌーヴ内務大臣は明言しました。

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は、「我々は総力を挙げて〔…〕フランスで生活する人、フランスを訪れる人、とりわけユーロ2016の際にフランスを訪れる人、全員の安全確保に万全を期します」と改めて決意を述べました。「フランス当局は必要なすべての能力、すべての手段を動員し、この目的のもとにパートナー諸国と協力して取り組みます」

UEFAユーロ2016の開幕を待ちわびるパリ

 パリ市民がユーロ2016の開幕を心待ちにする日々をご覧ください。

出場チームのキャンプ地

最終更新日 11/07/2016

このページのトップへ戻る