6月はフランスから人気アーティストが続々来日 [fr]

 夏直前、フランス音楽界を代表する新旧アーティストが続々と来日します。巨星シャルル・アズナヴールが大阪と東京で3回にわたり最後の来日公演を行うほか、ジョー・ベル、カメリア・ジョルダナ、ナッシュの3人の実力派若手アーティストが来日します。

ジョー・ベル

JPEG - 44 kb
ジョー・ベル © Charles Siaux

 美貌のシンガー、ジョー・ベルが6月9日(木)、先陣を切って登場。26歳の若きソングライターが、えも言われぬ甘美な魅力を放ちます。ファンク、フォーク、ソウルの間で、感動と多彩なリズムで織りなされる独自の世界に引き込みます。ハスキー気味の声と心地よいギターの響きが酔わせます。その名前が詩的に表すように、才色兼備の感動的なアーティストです。

6月9日(木) @ 晴れたら空に豆まいて(代官山)
6月10日(金) @ アンスティチュ・フランセ東京/ラ・ブラスリー(飯田橋)

カメリア・ジョルダナ

JPEG - 30.5 kb
カメリア・ジョルダナ © Cl. Gassian

 フランスのオーディション番組「ラ・ヌーヴェル・スター2009」で一躍脚光を浴び、音楽界トップクラスのスタッフに囲まれてリリースしたデビュー・アルバムが大ヒット、ファンと評論家を魅了しました。数年後、自身で初めて作詞を手がけたナンバー『Dans la peau』(あなたに夢中)をリリース。6月11日(土)に「横浜フランス月間2016」のオープニングセレモニーで、13日(月)には東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で、愛と旅をテーマにした歌を日本のファンに届けます。

6月11日(土) @ 横浜フランス月間(象の鼻テラス)
6月13日(月) @ 晴れたら空に豆まいて(代官山)

シャルル・アズナヴール

JPEG - 30.8 kb
シャルル・アズナヴール

 巨星シャルル・アズナヴールが6月13日(月)の大阪公演、15日(水)と16日(木)の東京公演で、日本のファンに「最後」の雄姿を披露します。
 生涯録音曲数が1,200曲を超えるフランス・シャンソン界きっての大御所アズナヴール、その70年にわたる歌手人生の集大成となるステージを是非お見逃しなく!

6月13日(月)@ フェスティバル・ホール大阪
6月15日(水)、16日(木)@ NHKホール東京

ナッシュ

JPEG - 43.4 kb
ナッシュ © Yvan Matrat photographe

 6月25日(土)にアンスティチュ・フランセ東京で開催される初夏の野外音楽イベント「フェット・ド・ラ・ミュージック」に、今年の特別ゲストとして登場します。
 ナッシュの本名はアンナ・シェディッド。歌手ルイ・シェディッドの末娘で、シンガーソングライターの「-M-」ことマチュー・シェディッドの妹です。この有名なアーティスト一家出身の彼女が、ポップでダンサブルなナンバーで、時にはジャジーでくつろいだ雰囲気で会場を魅了します。27日(月)には横浜赤レンガ倉庫2号館のモーション・ブルー・ヨコハマでライブを行います。

6月25日(土) @ 「音楽の日」/アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)
6月27日(月) @ モーション・ブルー・ヨコハマ

最終更新日 13/06/2016

このページのトップへ戻る