フランス人ジュエリー職人が「女性職人シンポジウム」に参加 [fr]

 「女性職人シンポジウム」が5月19日、経済産業省、日本貿易振興機構(JETRO)、グーグル株式会社、伝統的工芸品産業振興協会によって都内で開催されました。フランス人ジュエリー職人のアメリ・ヴィアーヌさんをはじめ、主要7カ国(G7)の女性職人が一堂に会しました。

 ジュエリー職人のアメリ・ヴィアーヌさんは日本の招待を受けて来日し、宝飾加工の仕事を紹介したほか、とりわけ女性の地位をはじめ、フランスの伝統工芸の未来について、G7各国の女性職人と意見を交換しました。会場となった六本木ヒルズ森タワーのユーチューブ・スペースには、80人を超える来場者が集まりました。

 経済産業省により招待された女性職人は、日本の伝統工芸やその市場を見いだすことを目的とした産地視察に参加し、日本のノウハウに初めて触れるとともに、潜在的なパートナーと最初のつながりを持つことができました。

JPEG

最終更新日 24/05/2016

このページのトップへ戻る