日本の元素戦略に関する報告書 [fr]

 在日フランス大使館科学技術部は、日本の元素戦略に関する報告書を作成しました。

 レアアース(希土類)とクリティカルな戦略的原材料は、ハイテク製品や高付加価値製品を製造する上で欠かせない資源です。そのために日本は2007年、経済およびレアアース供給源多様化に関する戦略、いわゆる「元素戦略」を打ち出しました。

 これはフランスにとっても戦略的課題の一つであることから、フランス議会科学技術選択評価局(OPECST)の代表団が2016年2月、このテーマをめぐる調査の一環として来日しました。

 在日フランス大使館科学技術部は、ミッションの調査結果を踏まえ、日本のレアアースに関する最初の総括報告書の補足として、日本における元素戦略の主要な関係者およびプロジェクトに関する報告書を作成しました。

 報告書作成者ピエール・フアルダンの連絡先:ch.mission.ing[at]ambafrance-jp.org

 ※ メール送信前にアドレスの[at]を@に置き換えてください。

最終更新日 05/07/2016

このページのトップへ戻る