G7茨城・つくば科学技術大臣会合: 人口高齢化、男女不平等および環境に関する課題に対処するためのグローバルな協力 [fr]

 ナジャット・ヴァロー=ベルカセム国民教育・高等教育・研究大臣は、日本公式訪問の一環として、茨城県つくば市で5月15日から17日まで開催されたG7科学技術大臣会合に出席しました。

 この会合ではG7諸国とヨーロッパ連合(EU)の閣僚間で活発な議論が行われ、科学技術とイノベーションが社会的・経済的発展のために極めて重要であると同時に、保健衛生やエネルギー、環境などのグローバルな課題に対応する上で大きな役割を果たすという考えをより強固にすることができました。

 G7諸国とEUの代表者は、これらの課題に対処するため、重点的に取り組む4つの優先課題、すなわちグローバルな保健衛生、ジェンダーおよび人的資源開発、海洋の未来、そしてクリーンエネルギーに、インクルーシブイノベーションとオープンサイエンスという2つの原則を導入することを決めました。

 オープンサイエンスの研究開発作業への適用は、それに関係する協力とステークホルダーの大幅な拡大につながります。

 ナジャット・ヴァロー=ベルカセム大臣は、集団的な意識向上と世界規模の協力が結びついて初めて、人口高齢化、男女不平等、エネルギー・環境制約といった現代社会の極めて重要な課題に対処できると確信しています。

 科学技術とイノベーションは、年齢、性別、言語、出身地にかかわらず、各人に繁栄をもたらすものでなければなりません。それにはこれらさまざまな要素を包含するインクルーシブイノベーションに取り組む必要があります。

G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合
G7茨城・つくば科学技術大臣会合

 

ナジャット・ヴァロー=ベルカセム国民教育・高等教育・研究大臣のビデオメッセージ(2016年5月17日)

ヴァロー=ベルカセム大臣のメッセージ全文

 私はフランスの国民教育・高等教育・研究大臣として、G7茨城・つくば科学技術大臣会合に出席したことを嬉しく思います。

 この場をお借りして日本の関係者の方々に対し、質の高い受け入れとこの国際会合の成功に心より感謝を申し上げます。

 私たちは今般の会合で、G7各国の研究大臣とヨーロッパ委員会の研究・科学・イノベーション担当委員とともに、質の高い作業と議論を進めました。

 私たちは3日間の会合を終えて、科学、技術およびイノベーションが社会と経済の発展のためだけでなく、保健衛生やエネルギー、環境などのグローバルな課題に立ち向かうためにも極めて重要であることを認識しています。

 私たちの社会は現在、人口高齢化、男女の不平等、エネルギー・環境制約といった極めて重大な課題に直面しています。

 科学、技術およびイノベーションは、年齢、性別、言語、出身地にかかわらず、私たち一人ひとりに繁栄をもたらすものでなければなりません。それにはこれらさまざまな要素を包含するインクルーシブイノベーションに取り組む必要があります。

 オープンサイエンスの研究開発作業への適用は、それに関係する協力やステークホルダーの大幅な拡大につながります。

 私たちは現在生じている課題に対処するため、グローバルな保健衛生、ジェンダーと人的資源開発、海洋の未来、クリーンエネルギーという4つの優先課題に、インクルーシブイノベーションとオープンサイエンスの2つの原則を導入することを決めました。

 皆さんお分かりのように、いずれの課題も特定の人だけにかかわるものではありません。私たち皆にかかわる問題です。

 それゆえにグローバルな協力に尽力することが必要不可欠です。「われわれはみな」と、科学者で文学者のブレーズ・パスカルが著したように、「同じ舟に乗っている」のです。私たちの将来は、国ごとに細分化された将来ではありません。共通の将来、世界の将来です。

 私が触れたすべての問題は、世界レベルで取り上げられるべきです。というのも、これらの問題は世界レベルで解決されるからです。

 ありがとうございました。

 

最終更新日 19/05/2016

このページのトップへ戻る