ウクライナをめぐるノルマンディー・フォーマット閣僚会合 [fr]

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は5月11日、ベルリンを訪問し、「ノルマンディー・フォーマット」、すなわちフランス、ドイツ、ロシア、ウクライナ4カ国の外務大臣と、ミンスク合意の履行状況を総括します。

 4大臣は、今年3月3日にパリで開催された先の同フォーマット外相会合で決定された優先事項に従って、5月1日に復活祭の休戦に入って以降の停戦強化措置を検討するほか、ウクライナ東部における地方選挙の実施方法と安全確保について議論を行います。

 ウクライナ東部の人道状況および経済状況の改善についても議論される予定です。

最終更新日 12/05/2016

このページのトップへ戻る