シリアに関する閣僚会合 [fr]

 この会合はシリア危機の解決に向け、国際社会の総力を結集することが目的です。

Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI
Photo B. Chapiron/MAEDI

 
パリ、2016年5月9日

 ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は今日(9日)、パリの外務・国際開発省で開催されたシリアに関する閣僚会合で議長を務めました。いわゆる「パリ」フォーマットによる会合で、ドイツ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、アメリカ、イタリア、カタール、トルコの各外務大臣、ヨーロッパ連合のフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表、ヨルダン、イギリスの各代表者が出席しました。シリア反政府勢力の代表、リヤド・ヒジャブ氏も出席しました。
 

ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣のツイッター

 「私は今日、国際シリア支援グループの複数国の外務大臣と会合を開きました」

 「我々の目標は周知の通り、国連がテロ組織と認定したグループに対しては除き、武器使用を止めさせること」

 「第2の目標は、民間人を保護するため、国際法上の義務を遂行すること」

 「第3の目標は、政治的移行を実行するため、交渉を再開すること」

最終更新日 10/05/2016

このページのトップへ戻る