オリヴィエ・ピィのグリム童話『少女と悪魔と風車小屋』 [fr]

 オリヴィエ・ピィのグリム童話 『少女と悪魔と風車小屋』の新バージョンが5月7日(土)と8日(日)、ふじのくに⇄せかい演劇祭2016で上演されます。

 「グリム童話が今もなお、私たちを驚くほど魅了するのは、恐らくお決まりの超自然的な世界で、揺るぎない真実をつぶやくからでしょう。そこでは欲望、戦争、死、神の不在、知識欲、美について、世界で最も率直に問いかけられています。子どもたちはたぶん、自分では思い切って聞けないことを語ってくれるこの不思議な詩的世界を信頼するのでしょう。約束事の力、主人公の精神的葛藤、生死を賭けた闘いが、グリム童話を格好の『演劇の神秘』入門にしています」

オリヴィエ・ピィ
劇作家・演出家
© Christophe Raynaud de Lage - JPEG オリヴィエ・ピィは紛れもなく現代の最も重要な演出家の一人です。これまで何度も静岡県舞台芸術センター(SPAC)で作品を上演し、多くのファンが静岡にいます。なかでも2009年に上演した堂々の3部作『オリヴィエ・ピィのグリム童話』は記憶に新しいところです。今年は『少女と悪魔と風車小屋』の新バージョンを野外劇場「有度」で上演します。
 
 
 
© Christophe Raynaud de Lage



■ ■ ■

『少女と悪魔と風車小屋』
日時:5月7日(土)18:30開演/5月8日(日)18:30開演
会場:静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」
上演時間:60分
フランス語上演/日本語字幕
ふじのくに⇄せかい演劇祭2016

最終更新日 24/05/2016

このページのトップへ戻る