ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016 [fr]

 国内最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」が5月3日(火・祝)から3日間、 「la nature ナチュール - 自然と音楽」をテーマに、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開催されます。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016 - JPEG

 ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)は1995年、フランス西部のナントで、可能な限り大勢の人がクラシック音楽に親しめるようにすることを趣旨として誕生した音楽祭です。毎年違うテーマに沿ってプログラムを編成(昨年は「Passion パシオン」)、今年はナントから東京に至るまで、「la nature ナチュール - 自然と音楽」をテーマとします。

 第1回「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」 は2005年、クラシック音楽の素晴らしさを大勢の人と共有することを趣旨として開催されました。2015年の来場者数は丸の内周辺エリアも含めて42万7,000人を超え、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」を名実ともに国内トップのクラシック音楽祭に押し上げました。

 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」はナント芸術制作・研究センター(CREA)とKAJIMOTOが企画制作、会場の東京国際フォーラムが主催します。ラ・フォル・ジュルネ・ド・ナントの創設者でアーティスティック・ディレクターであるルネ・マルタンが、KAJIMOTOと協力して監修を務めます。東京以外に新潟びわ湖金沢でも開催されます。

 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」は国内最大のクラシック音楽・現代音楽の祭典です。

■ ■ ■

【会場】 東京国際フォーラム
【会期】 5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、5日(木・祝)
【公式HP】 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016

最終更新日 25/04/2016

このページのトップへ戻る