フランスの優先輸出部門「新興テクノロジー」 [fr]

数字で見る新興テクノロジー

JPEG - 147.3 kb
活力あるフランスのデジタル・エコシステム
 
コンピュータ、エレクトロニクス、光学関連製品の輸出企業数が1年で5%増加、
 
フランスの付加価値生産性が5%増加
JPEG - 73 kb
貿易赤字
 
160億ユーロに上る貿易赤字は、エレクトロニクス、
コンピュータ関連製品の輸入水準が高いためで、
最先端産業の優秀さが反映されていません
JPEG - 35.3 kb
電子部品でヨーロッパ1位
JPEG - 122.1 kb
海外におけるフランスのオファーを連携させるため、
イノベーション・チェーンのアクター間の距離を近づける
 
「フレンチテック」は海外のスタートアップ・エコシステムに資本投下
 
「ハロー・トゥモロー」は革新的テクノロジーを従来型産業分野に近づけることが狙い
JPEG - 59.1 kb
主な顧客
 
ドイツ-32億ユーロ
 
オランダ-13億ユーロ
 
イギリス-53億ユーロ

JPEG

 「よりよいコミュニケーション」部門は当初、電子製品、ハードウェア、電気通信・ソフトウェア・ITサービスを管轄していました。新部門「新興テクノロジー」はデジタルによる破壊的技術も総体的に考慮します。フランスの情報セキュリティ企業は、デジタル・セキュリティ(サイバーセキュリティ、通信、本人認証)や、すでに極めて国際化している大規模犯罪対策(紙幣や身分証明書の安全性確保、偽造防止技術)などの分野で先端を走っています。

「新興テクノロジー」部門の統括責任者、グザヴィエ・デュポルテの紹介

PNG パスツール研究所に入居しているスタートアップ企業、エリゴ・バイオサイエンス社の創業者で社長のグザヴィエ・デュポルテは、フランスおよび世界45カ国で新興テクノロジーのエコシステムを組織化する団体「ハロー・トゥモロー」の共同創設者兼会長です。このイニシアティブはイノベーション・チェーンのアクター(研究者、起業家、投資家、企業家)の間の距離を近づけることで、国際的なイノベーター・コミュニティーを構築することに貢献しています。世界最大級のスタートアップ企業コンテストに加えて、明日の経済をつくり上げる技術イノベーションの製品化やサービス化を加速する目的で、2,500人余りのオピニオンリーダーが一堂に会する世界サミットを年1回、パリで開催しています。

優先的輸出部門「新興テクノロジー」統括責任者グザヴィエ・デュポルテとのインタビュー(フランス語)

最終更新日 17/06/2016

このページのトップへ戻る