若手起業家を支援するフランスのイニシアティブ「ハロー・トゥモロー」 [fr]

 「ハロー・トゥモロー」は、フランス外務・国際開発省が推進するフレンチテックの一環として、革新的技術の開発を基盤としたプロジェクトに取り組む世界中の若い起業家をプロモーションする非営利目的のイニシアティブです。

 こうした見地からフランス外務・国際開発省は2016年を通じて、世界12都市の大使館や領事館を通して、ハロー・トゥモロー会議の開催を支援します。フランスの優れた起業活動をアピールするため、国際会議も2016年10月13日と14日、パリで開催される予定です。

JPEG

イノベーションと起業を世界規模で支援するフランスのイニシアティブ「ハロー・トゥモロー」

 ハロー・トゥモローは、若い才能と経済主体(ベンチャーキャピタル、投資ファンドなど)の間を迅速に橋渡しするのが狙いです。その目標はあらゆる規模の企業において、戦略的な諸テーマ(エネルギー&環境、健康、交通・モビリティ、食料と農業、廃棄物管理、水、データの透明性、サプライチェーン、宇宙技術)に関するイノベーションを促進することです。2014年フランス起業家賞を受賞し、2016年3月に「よりよいコミュニケーション/新興テクノロジー」輸出部門の統括責任者に就任したグザヴィエ・デュポルテが率いるハロー・トゥモローは、フランスのイノベーション・エコシステムの拡大やフランスの魅力強化に寄与します。

 2015年6月の大規模なハロー・トゥモロー会議と、スタートアップ企業の国際コンテストの成功に続いて、複数のイベントが外交ネットワークの支援を得て開催されます。

 「XTOMORROW Events」が2016年5月から、世界12都市(サンフランシスコ、バンガロール、テルアビブ、シンガポール、深圳、ミュンヘン、ロンドン、ボストン、サンパウロ、イスタンブール、イスラマバード、リマ)で開催されます。専門家、起業家、投資家を含む200人から300人の参加者が集まる見込みです。これらのイベントはイノベーションをめぐるフランスの魅力をプロモーションしたり、フランスの優れた技術と起業家を「サクセス・ストーリーズ」を通して広くアピールすることに寄与します。

国際会議が2016年10月13日と14日、パリのル・サンカトルで開催

 この会議は高付加価値な技術イノベーションをテーマに掲げるとともに、学際性に重点を置きます。約3,000人が参加する見込みで、2018年から2020年の間に市場投入予定のイノベーションをめぐる全体会合や、イノベーションの用途やフランスの産業構造転換に与える影響をめぐるラウンドテーブルも開かれます。スタートアップ企業コンテストの優勝者に賞金10万ユーロが贈られる授賞式も行われます。

 本会議場の周辺では、さまざまな産業パートナーが国際コンテストで選ばれた優秀スタートアップ企業を伴って、9つの特設エリアを運営し、ワークショップや極めて専門性の高いミニ講演会、最新技術のデモンストレーションなどを行います。各部門のスタートアップ企業と影響力のある国際的な投資家が一堂に会する「インベスター・デー」も会期中に開催されます。

最終更新日 21/04/2016

このページのトップへ戻る