放送衛星システムの矢橋隆社長がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 株式会社放送衛星システム(B-SAT)の矢橋隆社長は4月18日、都内のフランス大使公邸で行われた叙勲式で、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 306.3 kb
株式会社放送衛星システムの矢橋隆社長
© 在日フランス大使館

 矢橋隆氏は日本の衛星放送産業を世界の第一線に押し上げ、その発展に大きく貢献しました。矢橋氏は30年来、直接放送衛星のすべての計画で中心的な役割を果たしました。

 レジオン・ドヌール勲章は1802年、ナポレオン・ボナパルトによって創設されたフランスの最高位の勲章です。この勲章は文化、科学、産業、商業、芸術など諸分野における民間人の卓越した功績に対して、フランス国から感謝の意を表するものです。

 矢橋氏はフランス文化に造詣が深く、フランスの専門能力に変わらぬ信頼を寄せるフランスの友人です。

最終更新日 19/04/2016

このページのトップへ戻る