キュレーターの長谷川祐子氏が芸術文化勲章を受章 [fr]

 キュレーターの長谷川祐子氏が4月6日、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により、芸術文化勲章オフィシエに叙されました。

キュレーターの長谷川祐子氏
キュレーターの長谷川祐子氏
長谷川祐子氏とティエリー・ダナ駐日フランス大使
長谷川祐子氏とティエリー・ダナ駐日フランス大使

 

ティエリー・ダナ駐日フランス大使の叙勲式におけるあいさつ

 「長谷川祐子さま、
 ご臨席の皆さま、

 本日はフランス大使館にお出でいただきましてありがとうございました。皆さまにお集まりいただいたのはこれから長谷川祐子さんに芸術文学勲章シュヴァリエ章を伝達するためですが、アーティストや建築家をはじめ、本当に多くのご友人の方がいらっしゃっています。すべての方のお名前を挙げることは時間の関係でかないませんので、公職についておられる方のみ、ご紹介させていただきます。数日前に東京芸術大学学長から文化庁長官へ栄転なさった宮田亮平さま、滋賀県知事の三日月大造さま、友人であり同業の駐日ブラジル大使アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴご夫妻、そしてシャルジャ首長国のホール妃殿下、そのほかフランスをはじめ海外からも大勢の方が駆けつけてくださいました。

 さて、まず最初に、この勲章について簡単にご説明いたします。フランスでは戦後、勲章の整理統合を行ないましたが、アーティストを中心にその統廃合に反対の声が上がり、芸術の勲章については、再び分離することになり、芸術文化勲章が設けられました。この勲章は芸術もしくは文学の分野で卓越した創造をなさった方、または芸術と文学の発展に著しく貢献なさった方に贈られます。

 さて、伝統に則り、まず受章者のこれまでの経歴をご紹介しなければならないのですが、長谷川さんの場合、あまりに長く、多様で豊富なご経歴であるゆえ、そのすべてを振り返ることは不可能でありましょう。そこで、重要と思われる部分をかいつまんで長谷川さんのご経歴を振り返りたいと思います。

 京都大学を卒業された後、東京芸術大学に進学なさり、西洋美術史の修士課程を修了されました。その後、水戸芸術館で学芸員を務められました。

 その後、アジアン・カルチュラル・カウンシルの奨学金を得て、ニューヨークのホイットニー美術館で研修されました。その後、イスタンブール、上海、ヴェネツィア、ソウル、サンパウロ、シャルジャなど、多くのビエンナーレでコミッショナーやキュレーターを務めれらました。まさにボーダーレスのご活躍といえます。

 今世紀の初めには、本日ご臨席を賜っている妹島和世さんと西沢立衛さんとともに金沢21世紀美術館の創立に参加なさいました。ちょうど先週、金沢に出張しましたが、素晴らしい町でした。残念ながら21世紀美術館は閉館日だったので展示作品を見ることはできませんでしたが、建物の中に入ることはできました。建物自体が素晴らしい作品であるこの美術館を外側と内側から見ることができ、自分としては大いに満足いたしました。

 このような実績から、文化庁文化交流使に任命され、パリを拠点に数カ月間、フランスをはじめ多くの国に派遣されました。

 あなたは日本のアートシーンで活躍する人の中で外国のさまざまなアート形式との対話を深めた人物の一人で、日本のアートシーンの国際化において先駆的な役割を果たし、外国と日本のアーティスト同士の対話の機会を提供してこられました。

 あなたはさまざまなテーマをもってキュレーションを行なっていると思いますが、そのうちの一つに特にあなたならではの特色について述べたいと思います。それは女性アーティストを取り上げる姿勢です。

 草間彌生さん、田中敦子さん、オノ・ヨーコさんや、村上隆さんが率いるカイカイキキのアーティストであるタカノ綾さん、青島千穂さん、そのほか内藤礼さん、児島サコさん、宮永愛子さんなどの女性アーティストが活躍する道筋をつけた中谷芙二子さんなど、現代美術史の中で日本の女性アーティストに注目されました。

 最後に、日本のフェミニズムの象徴ともいえる与謝野晶子の短歌を引用したいと思います。「劫初(ごうしょ)より 造り営む殿堂に われも黄金の釘一つ打つ」。長谷川祐子さん、あなたが打った黄金の釘は、日本、いえ世界の現代アートに対し、また、文化の対話の発展や、社会や芸術界における女性の進出にとっても、多大な貢献であります。これらの価値観はフランスそしてフランス人の価値観でもあります。

 現在、70年代から現在までの日本のクリエーションをテーマとする展覧会を2017年の秋に向けて企画なさっているとうかがっていますが、会場がポンピドゥー・センター・メスということで大変嬉しく思います。

 以上の理由により、本日、あなたに芸術文化勲章シュヴァリエを伝達します」

最終更新日 21/04/2016

このページのトップへ戻る