在日フランス大使館
fontsizeup fontsizedown

 français    日本語  
ホーム » フランスを知る » フランスの文化振興 » 人文社会科学

CNRS北アジア地域事務所 [ fr ]

 フランス国立科学研究センター(CNRS)の北アジア地域事務所は東京に設置され、CNRS – より広くはフランスの研究機関 – と日本、韓国、台湾の研究機関との国の機関としての仲介を担当しています。

 その役割は以下の通りです。

 情報提供

  • CNRSのために科学技術の情報を収集する。重点分野を把握し、優秀な研究所をマークする。
  • パートナーになる可能性のあるアジアの研究機関にCNRSの研究チームについての情報を提供し、フランス訪問の手配のため、CNRS国際関係部と連絡をとる。

 受け入れ

  • 日本に派遣されたフランス人研究者を受け入れ、日本側パートナーとの研究を支援、場合によっては通訳・翻訳のサビースを提供する。
  • CNRSおよびフランスの研究関係の幹部クラスの視察を準備する。

 発展

  • CNRSのラボラトリーと北アジアの大学や研究機関との関係を開始、強化する。
  • CNRSの開始した海外協力機関との協力活動を支援、特に知的所有権の取り扱いに注意を払う。
  • 研究者(特に若手研究者)のCNRSへの、またはCNRSからの異動を推進する。

 組織化

  • CNRSの提供するルーツ(国際科学研究プログラムPICS、国際研究グループGDRI、国際提携ラボラトリーLIA、国際共同ユニットUMI)によって、研究者の協力関係強化を支援する。

 代表

  • 学術関係の大きなイベント(会議、受賞式など)にCNRSの代表として出席する。CNRSの長の代理として協定に署名する。

 CNRS北アジア地域事務所の代表は、在日および在韓フランス大使館、フランス在台協会の科学技術部・文化部と緊密に連携しています。 

 


最終更新日 2013年1月28日

リンク

Facebook Twitter Google+ Storify Youtube Dailymotion Flickr RSS