日本との連帯

  • エノキアン協会から日本赤十字社に義援金

    創業以来200年以上の老舗企業が加盟する国際組織「エノキアン協会」は6月30日、東京・南麻布のフランス大使公邸で、フィリップ・フォール駐日フランス大使の立会いの下、日本赤十字社の近衞忠煇社長に東日本大震災被災者への義援金を手渡しました。

    詳細

  • フランスの子どもたちから応援メッセージが届きました

    フランス北西部のウール県にある小学校3校の生徒たちが、日本の被災地の子どもたちを励まそうと手書きの応援メッセージを送りました。

    詳細

  • 日本支援に乗り出すフランスのBD作家たち

    バンド・デシネ(BD)原作者のジャン=ダヴィッド・モルヴァンとシルヴァン・ランベルグ、イラストレーターのオレリー・ネレ、カフェ・サレ集団の呼びかけで、フランスのBD作家たちが東日本大震災の被災者支援に立ち上がりました。

    詳細

  • ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011

    東日本大震災復興を願い、「とどけ!音楽の力 広がれ!音楽の輪」をスローガンに、内容を大幅に変更して開催します。4月15日以前に購入したチケットは、一部を除いて払い戻しとなります。新たな公演のチケットは4月27日(水)に販売開始しました。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

    詳細

  • フランス関連の文化イベントは予定通り開催されます

    3月11日の地震発生以来、物流の一部に支障が出ていますが、日本におけるフランス関連の文化イベントの大部分が予定通り開催されます。

    詳細

  • フランスから日本に寄せる60分のメッセージ

    日本を襲った未曽有の悲劇に心を痛めるフランスの多数のアーティストや文化人から日本に寄せられた各自1分ほどのメッセージ動画が、東京・横浜日仏学院のホームページで一部先行公開されています。

    詳細

  • フランス南部の都市トゥールーズでも支援の輪が広がっています

    地元の有志たちが開設した東日本大震災支援ホームページ「Toulouse For Japan」から、日本に向けた応援メッセージ動画が届きました。

    詳細

  • アレバが福島原発に汚染水処理システムを設置

    アレバは東京電力の要請を受けて、福島第1原子力発電所の汚染水処理のために解決案を提示し、東京電力が同案を受け入れました。この汚染水は早急に処理されなければなりません。原発の電気系統および冷却装置の復旧を阻んでいるからです。

    詳細

  • フランスが日本を継続支援

    日本当局の要請に応じて、新たに放射線防護機材40トンが4月10日、東京に到着しました。アレバ社は4月11日、日本駐在の専門家スタッフを約15人に増強。フランスは東日本大震災以降、日本に対する支援を緩めることなく続けています。

    詳細

  • 『ガンバレ、ニッポン/Japon, mon amour』

    ニッポンのためにフランスのミュージシャン、アーティストが賛同した配信限定チャリティー・アルバム。エミリー・シモンやゴタン・プロジェクト、セバスチャン・テリエの未発表ライブ音源、さらにサルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニも参加。iTunes、amazonで期間限定配信中!

    詳細

このページのトップへ戻る