G20・G8議長国フランス(2011年)

  • 【G20農業の成果】 農業市場情報システムが最初の報告書を公表

    農業市場情報システム(Amis)が11月2日、農業市況に関する最初の報告書をオンライン公表しました。この報告書は小麦、トウモロコシ、米、大豆の各市場の情勢や展望を紹介しています。この新しいシステムは国際データの収集、質、分析を向上させます。

    詳細

  • G20カンヌ・サミット閉幕後にサルコジ大統領が記者会見

    ニコラ・サルコジ大統領は11月4日、G20カンヌ・サミット閉幕後に記者会見に臨みました。「極めて中身の濃い議論が行われた2日間、情勢の重大性ならびに国際社会が結束する必要性に彩られた雰囲気の中で、私たちは危機の影響範囲を縮小するための短期的課題について、さらに世界経済を成長軌道に戻すための長期的課題について討議しました」

    詳細

  • G20カンヌ・サミット最終宣言

    『我々の共通の将来の建設:すべての人の利益のための改訂された集合的行動』 1. 我々の前回の会合以降、世界の景気回復は特に先進国において弱まり、失業は依然容認できない水準にある。主としてヨーロッパにおけるソブリン・リスクのため、金融市場の緊張が増大した。(全文は日本国外務省ホームページをご覧ください)

    詳細

  • 【G20カンヌ・サミット】 最終コミュニケ

    「我々、G20首脳は、2011年11月3日及び4日にカンヌで会合した。我々の前回の会合以降、世界の景気回復は特に先進国において弱まり、失業率は依然容認できない水準にある。この文脈において、主として、欧州におけるソブリン・リスクのため、金融市場の緊張が増大した」。全文は日本国外務省のホームページをご覧ください。

    詳細

  • 【G20カンヌ・サミット】 サルコジ大統領の記者会見

    フランス・カンヌで開幕した20カ国・地域(G20)首脳会合で議長を務めるニコラ・サルコジ大統領は11月3日、記者会見に臨みました。

    詳細

  • 2011年G20議長国フランスの優先課題

    G20は2011年、危機の根幹に切り込むために着手した取り組みを完遂するだけでなく、世界の安定と繁栄を持続的に向上させるための新しい取り組みへと議題を広げなければなりません。

    詳細

  • 【G20】 国際通貨制度

    国際通貨制度とは、国際通貨取引を組織し、規制するための仕組みおよび機関全体、ならびに為替制度の全体を意味します。

    詳細

  • 【G20】 金融規制

    G20議長国フランスは、決定されたルールの確実な実施、新しいリスクの未然防止の2つを柱に行動を進めます。

    詳細

  • 【G20】 非協力的な国・地域対策

    G20は危機に対応して、金融部門の抜本的な改革に乗り出しました。これらの行動が有効性を発揮するには、G20がこの分野に存在する普遍的ルールを実際に遂行できるかにかかっています。

    詳細

  • 【G20】 一次産品価格の過度な変動

    一次産品価格の過度な変動は、石油や農産物などの一次産品市場で2007年以来、大幅で急激な変動が見られたことから、世界経済の中心的なテーマになりました。

    詳細

このページのトップへ戻る