2013年

  • 国際現代アートフェアがパリで開催

    国際現代アートフェア(FIAC)が2013年10月24日から27日まで、パリで開催されます。今年で40回目を迎えるフェアは、グラン・パレやルーヴル美術館、パレ・ド・トーキョーなど、パリで最も有名な記念建造物を舞台に、世界中から出展する美術商の作品を展示します。

    詳細

  • 自動車部品の国際専門見本市、エキポート展がパリで開催

    ハッチンソン、アコー・リュブリフィアン、シミレック、ヴェルネなど、これらの社名を聞いても恐らくピンと来ないでしょう。ところが、これらのメーカーが自動車の大部分を製造しているのです。フランスの自動車部品メーカーは、「メード・イン・フランス」の確かな価値を生んでいます。

    詳細

  • ロレーヌ地方の活力を示すメス国際見本市

    ロレーヌ地方では9月27日から10月7日まで、第78回メス国際見本市が開催されます。このイベントはフランスでも有数の輸出力を誇る同地方の地元企業の活力にあふれています。

    詳細

  • 丈夫で長持ち、フランスの磁器産業

    フランスの磁器産業は、経済危機の影響を免れていないとはいえ、よく健闘しています。フランス独自のノウハウを継承する一方で、絶えず革新を続けています。

    詳細

  • イノベーションのために手を結ぶデザインと工業

    「議論の場を設けること、明日のフランスの『アップル』を出現させるよう試みること」。これが9月5日と6日にナントで開催された工業とデザイン(ID)の国際会議の主催者が掲げた目標です。

    詳細

  • 将来有望なフランスの「グリーン・ツーリズム」

    フランスは世界一の観光大国で、観光産業部門は直接雇用約90万人を生み出しています。国は競争力を維持するため、多様化するニーズに適応しています。その一例が「グリーン・ツーリズム」です。持続可能な開発はフランスの観光戦略にも徐々に浸透しています。

    詳細

  • フランスの優秀な産業部門、原子力産業

    フランスはアメリカに次いで世界2位の原子炉58基を保有し、原子力産業部門で世界的に認められた専門能力を備えています。これは各企業グループと中小企業が60年前から絶えず積み重ねてきた努力と投資の成果です。

    詳細

  • 世界トップのフランス高級品産業

    企業戦略経営コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーの調査によると、世界の高級品産業部門は2012年に約10%の伸びを記録しました。フランス企業は世界の売上高の4分の1を占め、この部門で最も活力に満ちています。

    詳細

  • 世界一の観光大国フランス

    フランスは外国人観光客が年間8,200万人近く訪れる世界一の観光大国です。この盛んな観光事業は、多種多様な自然景勝地や美しい風景、昔ながらの村落、豊かな文化遺産などに支えられています。

    詳細

  • 地中海両岸の文化の懸け橋MuCEMがオープン

    ヨーロッパ文化首都「マルセイユ=プロヴァンス2013」の目玉事業であるヨーロッパ地中海文明博物館(MuCEM)が一般に公開されました。地中海文明を専門とする世界初の博物館です。

    詳細

このページのトップへ戻る