2011年

  • パリは国際会議の中心地

    パリは世界有数の国際会議の開催地です。国際会議は見本市やフェアほどの派手さはありませんが、大きな経済波及効果をもたらします。

    詳細

  • 世界最大の気球に乗って空からパリを見てみよう

    気球「エール・ド・パリ」はパリ15区のアンドレ・シトロエン公園から飛び立ちます。上空150メートルでは首都や歴史的建造物を見下ろす大パノラマが広がります。優雅で環境に優しい気球は、パリの大気環境を表示する役割も果たしています。

    詳細

  • 偽造医薬品対策を先導するフランス

    カウンターフィット薬(偽造医薬品)の不正取引は近年増加する一方です。特に脆弱な立場にある犠牲者は治療していると信じているのに、せいぜい気休め程度の偽薬しか受け取っていません。こうした不正取引の元凶である組織犯罪を阻止するには取り締まりが不可欠ですが、最も有効な手立ては国民に注意を呼びかけることです。

    詳細

  • 伝統と先進のガラス製作所、サン=ジュスト

    フランスでは、サン=ジュスト・ガラス製作所が2世紀以上前からステンドグラス、ガラス、色板ガラス、手吹き法による板ガラスなどを製造しています。ガラスの「オートクチュール」は国境を越え、遠方の国にも輸出されています。

    詳細

  • 光よりも速い!

    素粒子の一つ、ニュートリノは光よりも速く移動するかもしれない! リヨン原子核物理学研究所の国立科学研究センター研究員、国際共同実験OPERAの責任者であるダリオ・オティロ率いるフランスの科学者チームによる測定で明らかになりました。

    詳細

  • 測位システム「ガリレオ」、最初の衛星打ち上げ

    ヨーロッパの将来の衛星測位システム「ガリレオ」の最初の人工衛星2基が2011年10月21日、ギアナ宇宙センターからソユーズ・ロケットに搭載されて打ち上げられました。アメリカのGPSやロシアのグロナスに対抗できるシステムとなる予定です。

    詳細

  • ルーヴル美術館が迎える紫禁城展

    来年1月9日まで、パリで紫禁城の至宝が鑑賞できます。中国歴代皇帝の宮殿から門外不出の重要美術品130点が初めて、フランス国王の宮殿だったルーヴル美術館の特別展のために貸し出されました。

    詳細

  • 国際志向のフランス人学生

    フランスの高等教育機関が外国の高等教育機関との関係を発展したのに伴って、外国に留学する学生が増えています。今では国際的に展開する企業界においても重要な切り札となっています。

    詳細

  • フランスを選ぶ外国人留学生

    外国人留学生から見たフランスの魅力度が、高等教育の質の高さによって増しています。ハイレベルな留学候補生を引きつける積極的政策が功を奏し、フランス留学熱が高まっています。

    詳細

  • フランスの研究者が実験室で赤血球の作製に成功

    パリのピエール・エ・マリー・キュリー大学のリュック・ドゥエ教授が率いる研究チームは、実験室で幹細胞から赤血球を作製し、幹細胞のドナーに輸注することに成功しました。輸血目的の幹細胞バンク設立への道を開く世界初の快挙です。

    詳細

このページのトップへ戻る