2009年

  • ANR/JST共同研究課題の特別募集

    フランス国立研究機構(ANR)と科学技術振興機構(JST)は、ICTのためのミクロ/ナノ・テクノロジー、ICTの利用等を含む情報通信技術(ICT)全領域を対象にした共同研究課題の募集を始めました。

    詳細

  • 第25回RSFT「女性と科学」

    プログラム
    司会・モデレーター : ナタリー・カヴァザン博士、早稲田大学国際情報通信研究所客員研究員(東京)、サイエンススコープ副会長
    サイエンススコープは、研究の世界で働く女性たちに光をあてることを初めて願います。科学の領域で実績のある人と関わりをもつことは、新しく入ってきた人たちの憧れをかきたてるための方法の一つです。さらに、日本にフランス語話者のネットワークを形成することの重要性は認知されていますが、それは体験を交換するためだけではありません。助け合うためでもあります。また、グ

    詳細

  • フランス人数学者ミハイル・グロモフがアーベル賞受賞

    ノルウェー科学文学アカデミーは3月26日、「幾何学に革新的な貢献」をしたフランス人数学者ミハイル・レオニドヴィッチ・グロモフ氏にアーベル賞を授与しました。同賞は世界最高の数学賞の一つです。

    詳細

  • 第3回日仏先端科学シンポジウム

    第3回日仏先端科学シンポジウムの参加者を歓迎するレセプションが1月26日、フランス大使公邸で、2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林誠博士を迎えて開催されました。

    詳細

このページのトップへ戻る