在日フランス大使館
fontsizeup fontsizedown

 français    日本語  
ホーム » 最新情報 » 過去記事 » 日仏関係 » 2012年

第2回日仏戦略対話 [ fr ]

 ローラン・ファビウス外務大臣と玄葉光一郎外務大臣は10月16日、パリで第2回日仏戦略対話を実施しました。会談後、日仏共同プレス・コミュニケが発表されました。

JPEG - 170.5 kb
ローラン・ファビウス外務大臣と玄葉光一郎代務大臣
© MAE/F. de la Mure

 2012年10月16日(火曜日)、玄葉光一郎日本国外務大臣と、ローラン・ファビウス・フランス共和国外務大臣は、パリにおいて、第二回日仏外相戦略対話を実施した。なお、第一回戦略対話は2012年1月に東京にて開催されている。

 本対話は、自由、民主主義、基本的人権や「法の支配」といった普遍的価値の共有に基づき、日本とフランスの間に「特別なパートナー関係」を構築するという両国の意思を具体化するためのものである。今回の戦略対話では、長期的視野における二国間関係について、掘り下げた意見交換が行われた。また、政治、経済、文化及び科学分野における具体的な計画や、戦略・安全保障分野における課題についての協力強化の方策について協議が行われた。

 また、特に、価値の共有、経済関係の強化、文化交流の深化の3つの柱について、向こう5年間のロードマップを策定することが言及された。この作業は、日本及びフランスへの来る日仏両国ハイレベルの訪問を視野に入れて行っていくものである。

 両外相は、現下の国際的な重要課題やアジア、中東及びアフリカの戦略的状況について掘り下げた意見交換を行った。また、両外相は、グローバル課題や国際的な危機に対する解決策について協議を強化することを再確認した。


最終更新日 2012年10月18日

リンク

Facebook Twitter Google+ Storify Youtube Dailymotion Flickr RSS